ペルセポリス


「栄光の古代文明」「ペルセポリス(イラン) 」

世界征服したアケメネス朝ペルシャ帝国の首都ベルセポリス。

『ベルセポリス』は
ユネスコにより、1979年に、世界遺産に登録されました。


画像引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ベルセポリス

ユネスコの世界遺産のベルセポリスは、ヨルダンのペトラ遺跡・シリアの
パルミラ遺跡と並んで「中東の3大遺跡」となっています。


ヒッタイト人の高い芸術性 ハットゥシャ


世界遺産のベルセポリスは、イランのファールス地方にあります。

その中でも、ペルセポリスは、3遺跡の中で最も古く、同時に彫刻の多さ、
その内容の豊富さ、そして人工的基段の上に作るという発想の壮大さや
巨大石材を使っているその技術力は、他の遺跡の追随を許しません。

ペルセポリス

ペルセポリスの名はギリシャ語の記録に由来する様に、
ギリシャ、エジプト、アッシリアなどの各地の芸術様式が 取り入れられています。

アレクサンドロス大王

アレクサンドロス(アレキサンダー;Alexander)大王



この、紀元前331年、
アレクサンドロス大王の攻撃によって破壊され、
廃墟となりました、
ペルセポリスですが、
ペルシア語でなんと呼ばれていたのかは未だ不明であります。


ペルセポリスの名が、ギリシャ語から由来してますのは、
古代ギリシアの歴史家クレイタルコスの著した『アレクサンドロス伝』
に、ペルセポリスの名がはじめて歴史に登場しまして、ペルセポリスの名も
アケメネス朝の王都の名として広く知られるようになったのです。

つまり、既に破壊された後にペルセポリスの名が記録されるたのです。

ですから、ペルセポリスという名称は「ペルシアの都」と、
「都市を破壊する」を掛けた一種の言葉遊びであったとも言われています。
(Persis 破壊するの意)

王の力強さを象徴する雄牛やライオンの彫刻の数々・・・。

ペルシアの都

「世界遺産DVD 第1巻 栄光の古代文明」の「ベルセポリス」が、
ペルシャ最盛期の王の王朝がどれほど美しかったか、
あなたの想像を膨らまさせるでしょう。


ユーキャン通販ショップ

栄光の古代文明

シルクロードと東西交渉

ルネサンス

リンク集

お知らせ

ソーシャルブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する FC2ブックマークに登録する Buzzurlブックマークに登録する newsingブックマークに登録する
イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する ニフティクリップに登録する